7 March 2016

IFUJI BOXMAKER の Oval Box について



 
 :: Oval Box のサイズと価格について ::



(2016.02.01 改訂)

サイズはボックス内寸、単位はmmです。
寸法には一つひとつ多少の違いがあります。





上から#9, 10, 11, 12



Oval Boxに、大きなサイズの#11、12 が加わりました。

#9から#12 はオーダーをいただいてからの制作となります。




:: IFUJI BOXMAKER の Oval Box について ::
 
箱の作り方やパターンは、Shaker(英国マンチェスターで始まりアメリカ合衆国NY州に移り住んだ、キリスト教の信者たち)のものを忠実に踏襲しています。

組み立てに接着剤は使用していません。塗装には亜麻仁油ベースの自然塗料と蜜蝋ワックスを使用。人体には無害で、アレルギーの心配の少ない塗料です。
無垢の板は収縮による不具合が生じやすいため、フタと底には1mmの厚単板を両面に接着したベニヤ板を使用しています。ベニヤの接着剤は4スターグレードの低ホルムのものを使用しています。

箱本体の内部は、木の調湿性を生かす為に無塗料となっています。時折、外側に塗布したオイルが浸透した滲みが出る場合があります。箱に濡れたもの、汚れがつきやすいものを入れるとシミが残る場合があります。
(弁当箱としては使用できません)

自然素材を使用しているため、木目は一つひとつ異なります。

お手入れは、目の詰んだ乾いた布で拭きあげていただくとワックスが磨かれて艶が増してきます。
誤って水に濡れて白っぽくなった場合や♯240〜400のサンドペーパーで磨き、オイルを塗り直して下さい。
乾いた後、蜜蝋ワックスを塗り直せばきれいに蘇ります。





:: Shakerについて ::

The Shaker(彼らは自分たち自身のことをそう呼びます)は、英国Manchesterで始まった、キリスト再臨を信じるカルト集団の一派です。
1774 年、Anne Lee (1736-1784)は数名の追従者とともに英国から今のアメリカ合衆国NY州に移住します。そして初めてのShaker villageが合衆国に誕生します。(よく混同されるAmishはドイツ系の移住者たちで、全く別の宗教集団です。)1840年代の最盛期には、全米に 18のコミュニティ、4000〜6000人の信者を抱えるまでに拡大します。

Oval BoxがShakerによって初めて作られたのは1790年代、NY州のMount Lebanonにおいてとされています。以来、第二次世界大戦の頃まで作り続けられていました。Oval Box自体はShakerの独創というわけではなく、同じようなタイプのものはヨーロッパでは古い歴史があり、また初期の合衆国においても作られていまし た。 Shakerは、この曲げ木の箱を細部まで洗練させ、一目でこれはShakerのものだと識別できる完成度まで高めたにすぎません。

Shaker たちの作ったものほとんどに言えることですが、労働の中で産み出されたもの一つひとつには、彼らの信仰が投影されています。虚飾を嫌い、無駄な部分をそぎ 落として、もの本来の機能性を追求するなかで美を両立させる、という至難の業を実現させているのです。Oval Boxという箱も、非常に合理的な作りとフォルムの美しさが、微細なバランスによって成り立っています。この箱ひとつにもShakerの信仰は息づいてい るのだと思います。





the BOX SHOP
0263-36-5536